レートの仕組みご存知ですか?外国為替の基礎知識

FXの特徴ーレバレッジとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一言で外為投資と言っても様々な種類がありますが、実際の手持ち資金の数倍から数十倍の取引ができることが特徴となっているのが外国為替証拠金取引、通称FXです。
「証拠金」とはいわゆる担保のことで、これを証券会社などの金融機関に預け、それを保証金として数倍、数十倍の金額を借りて外国為替取引すると言うわけです。
このようなシステムを「レバレッジ」と呼びます。

「レバレッジ」とは「てこ」のこと。
「てこの原理」という物理学上の法則があるように、小さな力で大きなものを動かすことができることを指します。
具体的には、例えば手持ちのお金10万円を証拠金として証券会社に預けるとします。
このお金を担保に1ドル=100円の時に100万円で1万ドルを買ったとすれば、100万円÷10万円で、10倍のレバレッジが利いていることになります。

レバレッジのメリットはそれだけハイリターンが期待できるということです。
先程の例で考えてみると、1ドル=110円に上がった場合に手持ちの1万ドルは110万円の価値があることになります。
つまり10万円の利益が出るというわけですから、レバレッジを利かせなかった場合と比べると利益も10倍になるのです。
しかし同時に損失もレバレッジの倍率分だけ大きくなるという点がデメリットでもあります。
もう一度先程の例で考えてみると、1ドルが90円に下がってしまえば持っている1万ドルは90万円の価値しかないことになり、10万円の損失となるわけです。
ですから初心者のうちはレバレッジを大きくしないで2〜3倍に留めておく方が良いかもしれません。